『日本以外全部沈没』を観た
世代的に、『日本沈没』って本を読んだし、初代の映画も存じておりますが。。。。これは『日本以外全部沈没』という映画ですww
同時期に映画のリメイクも上映されていたので、陰ながら有名でしたけどね・・・こっちのほうが良い出来という噂も???

しかし、このパロディ映画ってどうよ!な不謹慎さ全開なんですが・・・。あまりの真面目にくだらないつくりとB級徹底ぶりにはちょっとだけ感動。メインが小橋賢児という線の細さもまた適当に作った感じがして・・・妙にしっくりピッタリなんですわ・・・。
d0026603_2313566.jpg最初に借りた時は、んーなんなんだこれっ!
ということで、1人では5分以上はよう観れなかったんですわ。 (爆)あまりにも・・・あほらしすぎて・・・

でもkiyoが来て、観たいっ~~~と切望していたので(笑)一緒に観ることに。
ハイ誰かと一緒に観ればかなぁり笑えます!
怖くありませんでした~~~~(爆)

『不都合な真実』を観た直後には、ホントに笑えない設定です。
2011年(もうすぐだよ)にいきなり天変地異でまずはアメリカから沈没するんですわ~
そしてユーラシア大陸、アフリカ・・・次々と沈みまして、残った日本は沈んだ中国に乗り上げているという設定。 つまり世界中で、日本だけが残った大陸なのです。

他国のお金のある政府要人とか有名な俳優とかがこぞって日本に上陸。
その他難民がアッというまに日本中を埋め尽くします・・・。すごい設定だ。

こんなあんなことになってるというのに、日本人社会だけは普通に平和に生活が存続中・・・これもかなりオカシイ。まったく変わらない人たちもいるし、小橋くん達はアメリカの元大統領なんかと同じ飲み屋で毎晩飲んだりもしているし・・・。アル意味で日本国民の鈍感さを象徴しているのか???

しかも出てくる人が着ている洋服とか生活の様子はなぜだか70年代のかほり~ このずれまくった設定やらデザインにも脱帽っす。 うーん、不思議な映画である。

その70年代のかほりを象徴するのが、安泉純二郎首相演ずる村野武範!(この人はTV版『日本沈没』に出ていたね~) そして国防長官役の藤岡弘!(この方初代映画『日本沈没』に出演しているしなご縁・・・)
d0026603_23142734.jpgこのミスマッチなマッチングがかなりのツボ! 博士役の寺田農のマジなおかしさもなかなか・・・。筒井さんもなにげに半端なく出ているし。

ま、中国と韓国も仲良くなったり、いろいろとくだらんことがたくさん起きていくわけですが・・・

きわめつけはラストですね~ (筒井先生らしいと言えばらしいし・・・にしても、原典:小松左京ってテロップも・・・w)

これは観てのお楽しみ・・・人生いやになったときにオススメです。でも笑うを通り越して怒りを買う可能性もあり。ご注意を。

しかし、これは映画館でみんなで観るほど楽しいのかトホホなのか
よくわかりませんわ~

とりあえず私は映画館に行かなくてヨカッタ・・・ というのが感想です。
暇な方は、以下を併せてご覧くださいませ~

日本以外全部沈没
小橋賢児 / / 角川エンタテインメント

日本沈没 TELEVISION SERIES プレミアム・ハザードBOX
小林桂樹 / / アミューズソフトエンタテインメント
Top▲ | by bonneidee | 2007-03-11 23:08 | review
<< 『さくらん』を観た | ページトップ | 『不都合な真実』を観た >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin