『病気にならない生き方』を読んだ
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
新谷 弘実 / サンマーク出版

同時期に、違うヒトからもらったものと、貸してくれたもの…
なんと同じ本が我が家に2冊やってきた。

これって、シンクロ?よっぽど我が家が「不健康」に見えた?(笑)

ストレートなタイトルゆえに自分では選ばない本であったとしても、この状況では読まねばならず……。仕方なく?読みました。(ま、その後関連本を追加購入してしまったので、はまったとも言うが…(爆))



説得力のある人間(45年間病気になっていない医者)から、その経験(たくさんの患者を見た、看取った)と実践(きちんとした健康食を心がけている)に裏打ちされた内容なので、これはもう誰もが「実践出来ると素晴らしいだろうなぁ~」と思わせる優良図書です。(笑)中島義道さんだったら、こんな風に健康に生きられたら哲学はいらないだろがっ!なんて言いそうです。

食事に関しては、だいたいはいままでの自然食主義やマクロヴィオテックと同様なことを言っています。

・白米は死んだ米である、玄米がよい
・牛の乳は人間の飲むものでは無い(低温殺菌ならOK)
・お茶なら無農薬に限り、飲んでも一日2、3杯まで
・薬はすべてが毒(即効性のあるものほど猛毒ex.バイアグラ(笑)
・酒、タバコは厳禁
・加工食品、添加物はNG

「今日の焼き肉より10年後の健康を選べ!」だそうです。
健康で100才まで生きても事故で死んだらね~なんて毒づく私~

ググッテみたら・・・要点はここに、ほとんど(かなりだな、これこれ)引用してあるので興味のある方はお読みくださいませ。

私が一番興味を持ったのは、とにかく健康な人の「腸壁はものすごーくキレイ」。

一日に2、3回お通じのあるこの先生ですが、それでもなんと人為的に浣腸しているらしい。そこまでしてツルツルでぴかぴかな腸壁保持者だそうです。このお掃除をすることで、お肌もシミも皺も無くなるんだって!!!ホントかな。でも、なにやら道具立てがすごいので、これはおうちに置いておくのってちょっとなぁ~~~と、デトックス願望の強い私も躊躇したのでありました。誰かやってみて!

でも一番簡単で、この方もおっしゃっているのは「良い水をたくさん飲もう」です。
はい、これならいつでも実行できそう。
Top▲ | by bonneidee | 2006-02-20 21:59 | karada
<< 音楽と映像の夜 | ページトップ | Turandot Harumi >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin