カテゴリ:review( 51 )
Top▲ |
「 フェリックス・ティオリエ写真展」へ行った
世田谷美術館で開催されていた「フェリックス・ティオリエ写真展」の最終日に駆け込みました。
d0026603_815243.jpg


ヴィクトリア時代のアンティークジュエリーは見る機会は多かったのですが、「写真」です。
これは初めてでした。当然、モノクロでセピアカラーでしょ~
なんて思いこみが覆されるとあるモノを見ることに。。。これには驚愕です。

それは、その時代のカラー写真なのです。

ひと呼んで「オートクローム」

説明がとても出来ないので、興味のおありの方はこちらをご覧くださいませ。

着色に使用したモノは、「でんぷん」。しかも、ジャガイモの。
d0026603_22313684.jpg

-顕微鏡写真(およそ400倍)-
うーん。ビックリです。
d0026603_2228763.jpg

さらに、↑この写真が村の聖歌隊の少年というのも、2度ビックリだが。(小さいimageしか無くて残念)


個人的には、この方はもちろん資産や土地がおありだったからなのですが・・・。
37歳にして、仕事を辞めて家族と趣味のためだけに生きた、というのが大変に羨ましい~です。

写真はバルビゾン派の絵を見るような農村風景、人を撮ったものが多い。

イギリスから遅れての産業革命の時代の「田舎の工場」や「パリ万博、パリの都市化の様子」が克明に描かれています。
歴史的な記録としても、貴重だと思われます。

個人的には、彼の住む村では女たちが「レース編み」(ボビンレースね)を生業(趣味かな)にしているのですね。
その風景がまた素晴らしかったです。
女性や子供たちが身につけている衣装も本当にステキでした。

この展示会、東京では終わってしまいましたが。
山梨、京都と続きます。

是非♪


2010年9月4日(土)~2010年10月17日(日) 山梨県立美術館

2011年5月26日(土)~2011年6月26日(日) 美術館「えき」KYOTO
Top▲ | by bonneidee | 2010-07-29 22:40 | review
大人計画『女教師は二度抱かれた』を観た
『キレイ』『ニンゲン御破産』以来のコクーン。いろいろあった松尾さん復帰作とも言える作品を楽しんできた。前作に比べると、大劇場でやるぞーなスペクタクル感は消えて、小劇場の雰囲気をそのまま味わってもらお・・・という舞台のつくりでした。かえって、それが新鮮だったし、松尾さんも原点に戻ろうかなぁ~というのか必然的にそういう時期なのかも、と感じ入りました。

Bunkamura シアターコクーンにて
2008年8月4日(月)~2008年8月27日(水)
d0026603_16223446.jpg

作・演出 松尾スズキ
キャスト 
市川染五郎 大竹しのぶ 阿部サダヲ 市川実和子  
ま、当然他は大人計画の面々。。。そして、松尾さんもでてます♪
(関係ないけど、大人のみなさま、ひとり除いて皆様シェイプアップされておりましたねぇ。芸能セレブで流行りの加圧トレかな?)

なんか最近レビュー書いていないので、さくっと、所感のみ。

モーホな歌舞伎役者の役どころが、阿部サダヲくんなのね。小劇場から売れた新鋭演出家の役が染ちゃん。逆なところが味噌ネ。染ちゃんの役は、松尾さん自身も投影されているのかな・・・という見方もあるけれども。どうなんでしょ。

染ちゃんが、いわゆる歌舞伎の御曹司であられ、大立ち回りやら殺陣やら駆使して花形決められるような新感線ノリな作りでは、まったくありません。そこがポイント。

現代劇、このヒト・・・なんか似合わないのよね。うーむ。
演出が松尾さんだから、、、という色も濃すぎて、その気持ち悪さが乗り移っているんだけど・・・「やっぱり、似合わないで賞」だったかも(そこがねらいなんでしょうが)。でもふがいない感じの主人公の雰囲気は出ていたか。。。

大竹しのぶがね、食っちゃうんですね
とにかく、他がかすむかすむ・・・。

和製シャーリーマクレーン風な衣装がかわいい中年元女教師女優くずれな役どころなんですが、そして松尾さんが描きたかったという『欲望という名の電車』のブランチのその後・・・という設定からして、かなぁり怖いっす。

だからこそしのぶ様しか演じられないのだ、この役は。
あーいう普通っぽい女の人がもっとも「狂」を抱えているかも、という真理がみえてしまう。ホント。

狂気、狂喜の先にあるもの・・・てか。
男と女の本質、人間の不条理、痛いほど感じられるドラマでした。

余談ですが、やっぱり男の人って「女教師>転落」という構図にそそられるんでしょうなぁ。ブランチにしても嫌われ松子にしても・・・。「女教師と教え子シリーズ」とか・・・笑。

大切なことって、とっても簡単に決まったり崩れたりしてしまうってこと。
一行で書けてしまうような出来事で、一生とらわれてしまったり。

新鋭演出家である染ちゃんってね、ちやほやされてモテて飛ぶ鳥を落とす勢い・・・のはずなんだけど。結局、自分が大切に思うヒトに、自分がして欲しいことすらしてもらえない哀しいイン○男という悲壮感でてましたわ~

人間は一生のうちに、どこかに押し込めてしまった罪悪感やしまい込んだものの責任は必ずどこかで負うようになっていて・・・一言で言うと
「人生、それぞれきっちり帳尻あわせかも」
。。。なんてこわーいラストを観て思いましたね。

でもまぁ、そのヘンを深刻につきつめずに、2丁目のゲイバーシーンとからませながら、おもしろおかしく人生って過ぎよう過ぎようとするんだけど、それぞれが抱えているものの暗さは表面上は見えないのよねぇ~なんてなお話でした。笑ったし泣けたしジンときた。

そうそう、それにしてもみんなやっぱり「唄うまいよ」ね。複式呼吸ができてるから。役者さんは。昭和歌謡な唄、シャンソン風な唄・・・よかったわぁ。歌謡ショーな松尾さんのお洋服もかわいかったし。。。なんかポップな水玉が♪
Top▲ | by bonneidee | 2008-08-23 16:40 | review
四柱推命と血液型によると・・・
なぜあの人と相性が悪いのか?―九星×血液型でわかるシゴト相性学 (WAC BUNKO 75)
松本 哲郎

ご本人は私をご存じ無いと思いますが(笑)、数回某パーティで面識のある方が本を上梓されました。さっそく、購入。

四柱推命って、結局は同じ学年の人たちはほとんど一緒だし。それだけで語られてもね~~ってのがあるじゃないですか。そこでまぁ血液型もプラスされるとなかなか説得力が増して、頷くところも多し。

私自身は『好奇心いっぱいの行動家』だそう。明るく世話好きで頼まれるとイヤと言えない、マイペースで自由人。というのも当たっている。ベストオブパートナーは三碧木星のAB型♂だそう。身近にいらしたら、ご一報ください(笑)

相性の良し悪しは、五行思想からなんですね。

五行の相関とは・・・。
Top▲ | by bonneidee | 2008-02-09 16:16 | review
『マリー・アントワネット』を観た
Sofia Coppolaが描いた悲劇のヒロイン映画と言うよりも1人のお嬢様の物語『マリー・アントワネット』はポップで華やかだった。たった1人で嫁いできた14歳のマリーの生涯を女性の視点で、そしてほぼ女性が中心に展開するストーリー(男は添え物でござんす)。

現代風の色とりどりのおいしそうなお菓子、お菓子のような靴、洋服の数々・・・。ピンキッシュだ!(先日観た映画『さくらん』にも共通するかな、イメージを今風にアレンジしているから、その豪華さゆえに悲劇というよりも楽な部分に感情移入しやすくなっている)でも、その中でひときわ際だつのは「白」。彼女の着ている下着、ネグリジェ、そしてフェルゼンのシャツとかね・・・眩しい白なのだ。
d0026603_2333121.jpg

世継ぎが産まれないこと=結婚(両国の友好関係)は成立せず!という使命のもとだから、お子ちゃまな王様に子づくりすら放棄されていた日々がもろもろの浪費の発端というが。
d0026603_235364.jpg

この映画の描くところの彼女は天真爛漫で純粋なカワイイ女ですね。あんなそんな不器用な王様を愛そうと努力したり、そしてフェルゼンとの火遊びでホントの女の歓びを知った後も「王妃」として全うするのだから。

賭け事、浪費、奔放の王妃と言われるけれど、この映画で一番好きな場面は、子供を産んだご褒美として王からもらった「プチ・トリアノン」での日々ですね。かわゆい子羊が出てきたから・・・というわけでは無く(笑)、実は彼女の素朴な自然回帰願望が出ているから。ルソーの詩を詠んで、「農業」のまねごとをして、自ら田舎生活を持ち込んで楽しんだというのがステキ!もちろん鶏の玉子はお付きの者がキレイにふいてたわけですし・・・(笑)。本当の農民がどれくらい貧困に喘いでいたのかは全く知らないのだけど、それは彼女が素のまんまのお嬢だから、致し方なし。こんなに隔離された世界で生きていたら、外のことなんて知らないさね~
d0026603_235834.jpg

そう、実はヴェルサイユ宮殿に行った時に一番気に入ったのはプチ・トリアノンの中の田舎の家(アモー)でした。ここの可愛らしさはちょっと白雪姫が7人のこびとと暮らしたお家?というイメージ。メインの宮殿の鏡の間やら、仰々しい調度品とは別の趣があって感動したのです。

この映画のすごいところは、ふだんは入場禁止になっている部屋などでもふんだんに撮影しているということですね。贅沢なつくり。

悲劇の王妃のストーリーとしては、別物?という映画ですが、純粋に美しいモノを観たい、ポップなヴェルサイユ!を観たいならばオススメです!
Top▲ | by bonneidee | 2007-05-26 23:05 | review
『ホリディ』を観た
もちろんジュード・ロウを観たい!というのもあったけれど、あの傑作『恋愛適齢期』のナンシー・マイヤーズ監督作品だから・・・ということで。でもなんとなくおきまりのアメリカンな恋愛映画かなぁ~とまったく期待せず。
d0026603_21385413.jpg
ソリが入っても甘いマスク~

期待しなかった分、かなりお得感が増した映画でした。

主人公は4人。それぞれがいろいろで傷ついているところにとんとんとんと出逢いはやってくる。やっぱりタイミングって大切ね。運は自分で作ると言うけれど、そうそうみんながみんなフリーだったり失恋していたりしているわけでは無いもんね~
d0026603_2140318.jpg

で、女2人はとりあえず「男なんてオフ!」を決意して、仕事もオフしてロス(USA)とサリー(ENGLAND)のお互いの家と車を交換する(ホームエクスチェンジというのね・・・やってみたい!)ことから、物語は始まる。

それぞれが立派な仕事を持ってしっかり稼いで自立している女!なところがステキだし。

内容は省略ですが、1人1人の魅力が最大限に引き出されていて、ビバリーヒルズの家とイギリスの郊外の田舎~な家もそれぞれがステキでした。私はサリーの家のほうに住みたいわぁ~目の前に羊たくさんいたし。

愛に時間は関係ないかも、、、ですが・・・やっぱり一週間くらいでもう「愛してる、イカナイで~」となるのもビックリでした。アバンチュールのようなもん・・・というオチでは無かったしね。

ジャック・ブラックのおもしろ芸とかジュード・ロウのパパぶりや美しい男泣きを観たい方にはぜひ~~~

女性2人も魅力的でありましたが・・・。ふられた時のかわいい女をよく演じておりました~。

イギリスのキャメロン・ディアスとジュード・ロウのほうは恋愛モード話一色なストーリーが進みますが、ケイト・ウィンスレットとジャック・ブラックのロス側はまたひと味違う人を配して話に深みを出している。みんなそれぞれが孤独とうまくつきあいながらも生きているけど、やっぱり誰かに愛されたいし愛したいということか・・・。
d0026603_21463934.jpg

ジャック、生きててヨカッタね~という図!(笑)
d0026603_2146184.jpg

『ホリディ』公式サイト
Top▲ | by bonneidee | 2007-04-15 21:50 | review
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ@山本バージョン』に行ってきた
d0026603_2256157.jpg愛するヘドウィグ、久しぶり!あの衝撃の三上ヘドウィグからすでに2年弱たってしまったのね~

一言で言うと、山本バージョンのほうが案外オリジナルに近い、と感じました。すべてを完璧な英語で唄っている忠実さ(唄うまいし)、ウィッグとメイクなども忠実。(似合っているかは別として(爆))見た目ムキムキ体力ありそな体躯(これはこれで鍛えられた美しいボデェ~ラブ)という点以外はショーパブオカマバー的な別物三上バージョンよりもスッキリ清潔感が漂っておりました。つまりアクは無いけど、これはこれでまた「いいんでは?若くてあまり紆余曲折へていなさそうなんだけど・・・若きヘドちゃんの美しさいいじゃん」ということ。三上くんは、やはりもう体力無理だったのか?というくらいな枯れたヘドウィグだったものね。あれはあれでグッときてましたが。

それはそれ、これはこれで、とにかく堪能!

続きはこちら☆彡
Top▲ | by bonneidee | 2007-04-07 23:08 | review
『さくらん』を観た
安野モヨコの漫画を読んでいたので、あるイメージがあったのだけど。椎名林檎の音楽で、エンタメ現代風のロックな花魁物語『さくらん』というところでしょうか。実際はよく知らない吉原の話を、女性が描いてくれたのはありがたい。
d0026603_193729.jpg
ここで花魁グッズがいろいろ買えるらしい~

蜷川実花は写真家としてすでに成功していて、なおかつ映像に・・・といった向きもあるけれど、これは脚本も美術もすべてがしっかりしていたから出来上がった作品かも知れない。世界の蜷川パパの作品もいくつか観ておりますが、血はあるんだろうなぁ~。さすが。

映画というよりも、1つの絵巻物を見せてもらったかんじ。色の氾濫には好みはあるだろうけれど、紅というよりもサイケな!そしてをイキに配置しているのが圧巻。大門の上に水槽があって、そこに赤い金魚がプカプカ・・・。あれって誰がエサあげるのか?という突っ込みはおいて(笑)水槽の中でしか生きられない金魚=遊女たちという象徴か。随所で金魚がプカプカと出てきます。
d0026603_1933289.jpg
花魁八文字歩き?でありんす

花魁といえど、1人の女。飯も食えば恋もして身をやつす。恋して本気になっても外に出ても地獄という世界。所詮ここでしか生きられない運命。唯一救われるのは「身請け」以外に他はない。そんなせつなさも諦めもごっちゃになっていましたね。実際はもうすでに子供も産んでいる土屋アンナですが、下妻物語のヤンキーっぷりも見え隠れてしまうのはあのハスキーボイスと外人顔ですか。あんな花魁いないだろうけど、奇想天外なワールドを描くには彼女はピッタリ。漫画の顔にも似ているし・・・。

男性陣に関してあちきはまったくそそらないのだけど。永瀬氏とキョンキョンがニアミスとか、成宮なかなかやるのぅ!な若旦那っぷりだし、お大名桔平人が良すぎるぜっ!なトホホっぷりはそれなりにピッタリな配置だったかも。しっかり支えて最期にはかっさらった安藤政信あっぱれ。でも行く末は暗そうな予感。夏木マリがおかみ!そのまんまですね~。木村佳乃、えらいド迫力で女全開っ。菅野美穂なんてもう大御所っぷりでした。女蜜度は高そう。(爆)
d0026603_1910232.jpg

ラストの一面の桜と菜の花のシーン。あとはそれぞれの部屋の床の間に飾られている花、花器が現代フラワーアレンジメントなんだけど。綺麗。あの時代には存在しなかっただろう花を散らしているのも斬新でありんした。
さくらん
安野 モヨコ / / 講談社
Top▲ | by bonneidee | 2007-03-15 19:10 | review
『日本以外全部沈没』を観た
世代的に、『日本沈没』って本を読んだし、初代の映画も存じておりますが。。。。これは『日本以外全部沈没』という映画ですww
同時期に映画のリメイクも上映されていたので、陰ながら有名でしたけどね・・・こっちのほうが良い出来という噂も???

しかし、このパロディ映画ってどうよ!な不謹慎さ全開なんですが・・・。あまりの真面目にくだらないつくりとB級徹底ぶりにはちょっとだけ感動。メインが小橋賢児という線の細さもまた適当に作った感じがして・・・妙にしっくりピッタリなんですわ・・・。
d0026603_2313566.jpg最初に借りた時は、んーなんなんだこれっ!
ということで、1人では5分以上はよう観れなかったんですわ。 (爆)あまりにも・・・あほらしすぎて・・・

でもkiyoが来て、観たいっ~~~と切望していたので(笑)一緒に観ることに。
ハイ誰かと一緒に観ればかなぁり笑えます!
怖くありませんでした~~~~(爆)

『不都合な真実』を観た直後には、ホントに笑えない設定です。
2011年(もうすぐだよ)にいきなり天変地異でまずはアメリカから沈没するんですわ~
そしてユーラシア大陸、アフリカ・・・次々と沈みまして、残った日本は沈んだ中国に乗り上げているという設定。 つまり世界中で、日本だけが残った大陸なのです。

他国のお金のある政府要人とか有名な俳優とかがこぞって日本に上陸。
その他難民がアッというまに日本中を埋め尽くします・・・。すごい設定だ。

こんなあんなことになってるというのに、日本人社会だけは普通に平和に生活が存続中・・・これもかなりオカシイ。まったく変わらない人たちもいるし、小橋くん達はアメリカの元大統領なんかと同じ飲み屋で毎晩飲んだりもしているし・・・。アル意味で日本国民の鈍感さを象徴しているのか???

しかも出てくる人が着ている洋服とか生活の様子はなぜだか70年代のかほり~ このずれまくった設定やらデザインにも脱帽っす。 うーん、不思議な映画である。

その70年代のかほりを象徴するのが、安泉純二郎首相演ずる村野武範!(この人はTV版『日本沈没』に出ていたね~) そして国防長官役の藤岡弘!(この方初代映画『日本沈没』に出演しているしなご縁・・・)
d0026603_23142734.jpgこのミスマッチなマッチングがかなりのツボ! 博士役の寺田農のマジなおかしさもなかなか・・・。筒井さんもなにげに半端なく出ているし。

ま、中国と韓国も仲良くなったり、いろいろとくだらんことがたくさん起きていくわけですが・・・

きわめつけはラストですね~ (筒井先生らしいと言えばらしいし・・・にしても、原典:小松左京ってテロップも・・・w)

これは観てのお楽しみ・・・人生いやになったときにオススメです。でも笑うを通り越して怒りを買う可能性もあり。ご注意を。

しかし、これは映画館でみんなで観るほど楽しいのかトホホなのか
よくわかりませんわ~

とりあえず私は映画館に行かなくてヨカッタ・・・ というのが感想です。
暇な方は、以下を併せてご覧くださいませ~

日本以外全部沈没
小橋賢児 / / 角川エンタテインメント

日本沈没 TELEVISION SERIES プレミアム・ハザードBOX
小林桂樹 / / アミューズソフトエンタテインメント
Top▲ | by bonneidee | 2007-03-11 23:08 | review
『不都合な真実』を観た
『硫黄島からの手紙』を観た直後にこの映画を観てしまったので。戦争から頑張って生きて還ってきても、人間が住めない地球~なんてシュールな気分になりました。
d0026603_14325428.jpg

京都議定書あたりから、地球温暖化に関しては声高になっておりますが。世界各地におけるその実態は目の前にさらされていなかったので、このドキュメンタリー映画の役割は大きいと言えます。

ホッキョクグマが氷の陸地を求めて100キロも泳ぐハメになってあげくは溺死なんて、いまだかつて無かったことだそうです。2050年までに北極の氷は無くなるだろう、というのもショッキング。

でも身近でわかりやすい事象といえば、この冬は東京で初雪が無い!という事実。確実に温暖化がヤバイと感じるには十分でした。寒さが無いと、逆に花たちも「春」に気が付かず、時期がずれてしまう。その花の実を食べる動植物たちの生態系にまでもそれは影響が出てしまう。つまり生き残れる動植物とそうで無いものに過剰な差が出てくるはず。怖ろしいことです。ヒトよりも、ネズミやゴキブリばかりが生き残りそうな・・・。

いままでの人生の中のいろんなシーンで、たとえば太平洋の孤島に暮らしたとき(水&資源無し生活)、子供を産んだとき、子供に安全なものを食べさせたいと思ったとき・・・など、さまざまな局面で自分なりの策を考えて立ち向かってみたこともあるのですが。どうにも続かないのはもともとが都会育ちということとか面倒くさがりということに起因しているのでしょうか。<ダメダメですね・・・。

こうしてゴアさんにデータでつきつけられて初めてドキドキしてしまういち市民であることも嘆かわしいですが、さて「自分が出来ることはナンだろう」と立ち止まり1人が1つでも実行していくことで積み上げて二酸化炭素量を減らすしか無いわけです。

出来そうなことは・・・
Top▲ | by bonneidee | 2007-03-11 14:33 | review
『硫黄島からの手紙』を観た
クリント・イーストウッド、いい仕事しましたねぇ~。『硫黄島からの手紙』『父親たちの星条旗』と二本柱で作った構成にも頭が下がるし、戦争をどちらの国の側からも描きたかった・・・という気持ちには正直ありがとう、と言います。(もちろんアメリカ人がどれほど興味を持ってこの映画を観ているのか、は謎ですが・・・)クリントは日本軍率いる栗林中将の必至の攻防に興味を持ったとありますが、人間としての彼を描くという意味では大成功ですね。ノミネートされまくりながらも惜しくもアカデミー賞は逃しましたけれど、戦争はどちらの側にとっても悲劇であり、みなそれぞれ国には待っている家族がいるのだ・・・という当たり前のことを「手紙」をモチーフに繊細に描写していたと思います。
d0026603_22415857.jpg

全編セピアカラーなのですが、日の丸や火炎の赤だけが目に焼き付きます。

続きはこちらへ☆彡
Top▲ | by bonneidee | 2007-03-10 22:43 | review
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin